ホーム > イベント一覧 > イベント詳細
大崎地域を中心に、県内のイベント情報を紹介します。 見る食べる遊ぶ・学ぶ等々、身近な情報大歓迎!皆様からの投稿をお待ちしています。

※コロナウイルスの影響により延期や中止になる可能性がありますので、ご確認の上お出かけください。
※投稿ボタンを押していただくと、入力画面が表示されます。
があるイベントは、過去の動画を見ることができます。

江戸時代の始まりと幕末・維新の岩出山
大崎市誕生15周年・東北大学東北アジア研究センター上廣歴史資料学研究部門設立10周年記念講演会。江戸時代の始まりと終わりの時代、岩出山地域では何が起きていたのでしょうか。
11/27(土)

時間:12時50分から16時(正午開場)
場所:大崎市岩出山文化会館(スコーレハウス)

天正18年(1590)、豊臣秀吉の奥羽仕置により、この地域を治めていた大崎氏は所領を失います。新領主への反発から大崎・葛西一揆が起こると、翌天正19年(1591)には再仕置が行われ、伊達政宗が岩手沢城へ本拠を移し、地名を「岩出山」に改めます。
政宗が仙台へ移ると、岩出山城は政宗の四男・宗泰に与えられ、宗泰子孫の岩出山伊達家が江戸時代を通じて代々この地を治めていくこととなります。
やがて幕末・維新の時代を迎えると、岩出山伊達家もその影響を大きく受けることになります。戊辰戦争での敗戦、そして領地の没収。度重なる困難を打破するため、岩出山伊達家10代当主の邦直は、明治2年(1869)、ついに北海道開拓へ身を投じることを決意します。
社会が大きな変動を迎えた江戸時代の始まりと終わりの時代、岩出山地域では何が起きていたのでしょうか。それぞれの時代を専門とする研究者による講演とパネルディスカッションから、時代と地域の特色を探る講演会です。

●内容
講演1 「戦国時代から江戸時代初期の岩出山」 講師 遠藤ゆり子氏(淑徳大学教授)
講演2 「戊辰戦争直後の岩出山-武士たちの足跡-」 講師 荒武賢一朗氏(東北大学教授)
パネルディスカッション
コーディネーター 荒武賢一朗氏
パネリスト 遠藤ゆり子氏、野本禎司氏(東北大学助教)、菊地優子(大崎市教育委員会)

●参加申込み
参加を希望される方は、次のいずれかの方法により、大崎市教育委員会文化財課あて、「15周年記念講演会参加希望」と明記のうえ、住所、氏名、電話番号、及び参加希望人数を記載してお申し込みください。
1 Eメール(ed-bunka@city.osaki.miyagi.jp)
2 ファクス (ファクス番号 0229-72-4004)
3 郵送 (郵送先 郵便番号989-6492 宮城県大崎市岩出山字船場21番地)
申込期限 令和3年11月15日(月曜日)17時まで
希望者多数の場合には、抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
定員 200名


お問い合わせ:大崎市 文化財課
〒989-6492
大崎市岩出山字船場21 岩出山庁舎2階
電話番号:0229-72-5036
ファクス:0229-72-4004

アクセス
< 2022年5月 >
1
2
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
29
30
31




大崎のイベント・風景動画


宮城県議会議員 きくち恵一様のHPがリニューアルしました!
古中生の古川ランチマップが完成しました!

TOPに戻る